本文へ移動
明日へのヒント「考える言葉」
 

問題意識

 
2018年10月01日(月)

 同じ職場環境で日々の仕事をしているのに、一年も経たないうちに、仕事の覚えが早く、著しく成長する人と、そうでない人がいる。

 その差はどこから生じるのだろうか・・・?人を採用し、育成する立場にある者にとっては、つねに悩ましい問題であると同時に、興味深い課題でもある。

 

 随分前に読んだ本の一節に、次のようなことが書かれていた。

 「問題を持たない人は何も発見できない。平生何かに精神を集中していると意外な発見をする。ここに人生、事業、学問の秘訣がある」(安岡正篤)。

 つまり、常日頃の“問題意識”の差、その積み上げが、人の成長力の差となっているということであろう。さほどの“問題意識”も持たず、指示されるままに、自分の頭を使わずに、手だけを動かしていたのでは、脳も錆びついてしまうものだ。

 

 向上心をもって前向きに問題を探し、自らの創意工夫をしながら、日々の仕事に取り組んでいると、脳は活性化し、性能を増すものである。日曜・祭日などにノンビリし過ぎてしまうと、調子が出るのに時間がかかったという経験は、誰もがあるだろう。

 やはり、自己成長を促したければ、つねに“問題意識”をもって、問題から逃げないような習慣を身につける必要があるだろう。では、その“問題意識”は、どうすれば養うことができるのだろうか・・・。

 

 ① 目的を確認すること(手段の目的化という罠に陥らない)。

 ② 向上心をもって努力をし続けること(慢心や傲慢。上には上がいる!)。

 ③ 自己正当化しないこと(謙虚さ、素直さ)。

 ④ 難しいことにチャレンジすること(リスクはチャンス)。

 ⑤ 世のため、人のために尽くすこと(利他心)。

 ⑥ 失敗を恐れず、やってみること。

 ⑦ 身近に素晴らしいライバルを探すこと。

 

 他にもいろいろとありそうだが、自分にとって、しっくりといく課題を絞り込んで、真摯に取り組んでみることだと思う。

 

 「山中の賊は破るは易く、心中の賊は破るは難し」(『陽明全書』)を以前に習ったことがある。

 王陽明は、上記のような表現で、自分を律することの難しさを指摘している。つまり、「人生最大の敵は、自分の心である」ということだ。日々慢心することなく、心中の賊を破るべく、修養することが大事。経営とは、つねに問題と向き合う姿勢である。

 

 “問題意識”を磨けるように、向上心をもって仕事に専念したい。

 

”考える言葉”シリーズ(18‐33)

明日へのヒント「考える言葉」
参加の皆様と意見交換を通し、共に学ぶ場「考える分科会」
 
「考える言葉」シリーズ筆者である 
 弊社代表 岩永經世自身が講師を務め、
皆様にわかりやすく解説し、大変好評頂いております。
 
・幹部社員の教育の一環として
・ご自信の価値観を学ぶ場として
 
皆様のご参加、お待ちしております。
Intelligent Group
IG会計グループ
〒850-0035
長崎県長崎市元船町14-10橋本商会ビル4F
TEL.095-826-1311
FAX.095-826-3225
岩永会計グループ
アイジータックス税理士法人
[長崎事務所]
株式会社IGプロジェクト
株式会社IGブレーン
株式会社IG戦略室
有限会社アイジー新会計
株式会社T&I
 
[宮崎]
アイジータックス税理士法人
株式会社中村会計事務所
 
●IGブレーン宮崎株式会社
 
[大分]
●株式会社IGブレーン大分
 
 

 
TOPへ戻る